斧やチェンソー

伐採に時に使う道具は色々な工具です。木こりの斧から始まって、チェンソーや簡易重機(乗り物ではない持ち運びする機械)など、それは人によって、そして伐採しようとする相手(樹木)によって手段のパターンが変わります。そして今回の記事は、自宅や保有する土地での伐採に関する話題になります。伐採とは前述の通り、自宅の敷地内や、持ち土地に森林や樹木があるか否かが一番の前提問題であり、必要であるか否かを把握してから行う事でもあります。

自宅の敷地内の土路や土壇などに樹木が生えていて、それが邪魔に思う時や、持ち土地に生え放題の森林があって、除外していかなくてはならなくなれば、当然伐採していかなくてはなりません。もし、伐採する際には、それが小規模であり、相手樹木のサイズや太さや高さが自分の手でどうにかできる範疇であると思えば自らで行い、切り倒し、そして細かく分解して燃えるゴミの日に出すなどをして問題は解決する事となります。ですが、切り株などを残しておくか否かで根堀りなどの仕事も増えます。でしが、持ち土地に生え放題な森林の類であるならば自分1人で全てを行おうとするのは非常に危険です。何より生え放題にしていたという事は人の太さ程の樹木が乱立している場合もあります。そういう場合には、業者に依頼したり、行政に相談してどうにかできないかなどを踏まえて処理していく事にして下さい。でないと、大怪我をしてからでは遅いですし、樹木の伐採を甘く見てしまうのは更に二次被害を生みかねないからです。