必要な道具

自分で庭木の剪定を行うという場合には、道具を揃える必要があります。剪定に必要な道具は木の種類により異なりますが、主に必要となるのは植木バサミ・刈り込みバサミ・のこぎりの3種類です。いずれもホームセンターなどで様々な種類が販売されています。使いやすい道具は、手の大きさなどにより異なりますので、実際に手に取り、握りやすさなどを確認してから購入すると良いでしょう。道具を購入する際には、価格だけで決めることはやめましょう。安い製品はすぐに切れ味が悪くなってしまったり、不具合が発生する可能性があります。また、剪定を行う場合には慣れないうちは手に負担が掛かりますので、手袋を着用するようにしましょう。手袋は滑りにくい素材がオススメです。

剪定の道具を購入する場合、ホームセンターなどの実店舗で購入する方法と、通販を利用する方法があります。ホームセンターでは、実物を確認することが出来るというメリットがありますが、場合によっては通販のほうが安く購入することが出来る場合もあります。複数の道具を購入するという場合には大きな差をなる場合がありますので、ホームセンターなどで実物を確認し、通販を利用して購入するという方法があります。通販を利用する場合には、送料や手数料がかかる場合がありますので、製品価格だけではなくそれらの費用も加算した価格で比較するようにしましょう。なお、基本的な道具はこだわりがなければ、1万円から2万円程度で揃えることが出来ます。